ちょっとした注意点

モノクロのビキニ

ピンサロを利用するに当たって、やはり他の風俗にも言えることですが、いくつか注意点があります。

まず、気を使いすぎず、自分のやりたいプレイはちゃんと女の子に言いましょう。よほど無理な要求でなければ、女の子は了承してくれますし、そうやってしっかり意思の疎通を取ることがお互いにとって満足できるプレイとなります。
ピンサロは時間が短いですので、特にこれが大事になります。
また、ひとつのマナーとして、射精しそうな時はちゃんと申告しましょう。特にフェラをしている時、いきなり射精されると女の子は驚いてしまいます。さらに、ちゃんと射精の申告をしておけば、オーガズムの最中もしっかりフェラを続け、より気持ち良いサービスを受けることもできます。

しっかり自衛する

下着姿の女性

ピンサロにはお風呂がありませんので、自分で自分の身を守ることが大切です。
出かける前に風呂に入っておくのはもちろん、利用後の手洗いうがいを徹底し、うがいにもイソジンなどを使いましょう。また、しっかりした衛生管理がされているお店を選ぶことも重要です。
それならば別の風俗に……といっても、どの風俗も性病感染のリスクは必ずあります。

どの風俗を利用するにも、性病対策はしっかり取り、万全の状態で楽しみましょう。

衛生面の問題

仰向けの女性

お風呂に入ることができませんので、ピンサロは最も不衛生な風俗と呼ばれることもあります。
おしぼりだけではなくアルコール消毒を行っているところもありますが、それでも衛生面で優れているとは言えず、性病感染のリスクが考えられます。

本番行為だけが性病の感染ルートではありません。手コキをすれば手でペニスに触れますし、フェラやキスをすれば口からの感染がありえます。

おしぼり

赤い下着の女性

ピンサロの特徴のひとつとして、他の店舗型の風俗では必ずついているお風呂がありません。飲食店として運営していますので、お風呂を設置すると違法になるのです。
そのため、客も嬢もプレイ前にお風呂に入れませんので、ピンサロではおしぼりが使われます。

つまり、ズボンとパンツを下ろした時とフィニッシュした時の二回、おしぼりでペニスを綺麗にしてもらいます。

プレイの流れ

赤いブラジャー

順番が回ってきたら、いよいよサービスの開始です。
ソファに座って待機し、女の子がやってくると、まずは一緒に座って雑談をすることになります。だいたいどの風俗にも言えることですが、こうやって女の子とお喋りする時間も貴重なものです。
ピンサロの場合は時間設定が短めですので、うっかり話しすぎるとプレイの時間がなくなってしまいます。それなりに盛り上がったらプレイに入り、キス、ソフトタッチなどから始め、性サービスを楽しみましょう。
最後に手コキかフェラでフィニッシュし、終了です。

そのあと名刺をもらえると、「また指名してくださいね」というサインになります。またその子を指名すると、きっと喜んでくれることでしょう。